検索結果

タグ「愛用者モデル」が付けられているもの

1億年前の地層から湧き出た天然水

 

「奥長良川名水」といえば、ディズニーランドのお土産にも使われている知る人ぞ知る名水ブランド。

長良川の源流に近い岐阜県高賀の森で採取された、

1億年前の地層から湧き出たミネラルたっぷりの天然水を、

熱を一切加えずに非加熱除菌しボトリングしているのが岐阜の名水「高賀の森水」です。

モンドセレクション11年連続最高金賞受賞、

iTQi優秀味覚賞9年連続3つ星受賞、

とまさにミネラルウォーター界の雄ともいえる存在なのです。

 

そんな味や品質にこだわってきた奥長良川名水ですが、

近年は美味しい天然水を提供することにだけとどまらず、

水の中に水素を取り入れることに研究を重ねてきました。

 

水素といえば、加齢や病気のもととなる活性酸素を除去する効果があると発表され、

一気に注目されるようになったものの、

空気と瞬時に結びついてしまうので、

体内に取り込むにはどうしたらいいのか、ここ数年多方面で研究が続けられてきました。

 

「HYDROEGG」水素パウダーの誕生

 

そんな中、奥長良川名水が、岐阜大学・東京工科大学との共同研究の末に開発したのが、

「HYDROEGG」(ハイドロエッグ)水素パウダーなのです。

 

「HYDROEGG」とは、その名のとおり、“水素の卵”。

ユニークなこのネーミングには、実はちゃんとした由来があるのです。

まず、空気中に抜けていきやすい水素を、

特殊な方法(特許取得)でミネラルと結合させることで、安定化に成功!

 

その製法をわかりやすく説明しているのが、下図です。

水素.jpg

水素の周りに、Mg(マグネシウム)やCa(カルシウム)が付着して水素を取り囲むような形になっていますね。
その形のままパウダー状にして体内に摂取すると、

周りのMgやCaが徐々に水素から外れていって、

体内で水素が発生するしくみがハイドロエッグなのです。

つまり、水素に卵のような殻をつけたまま体内に取り込むことで、

水素が空気と結合するのを防いでいるというわけですね。

 

 

高濃度の水素が長時間体内で発生

 

このテクノロジーの開発で、これまでの水素摂取の認識が大きく変わりそうなのです。

高濃度水素水がそのままハイドロエッグのパウダーになったので、

これまでのように気化する前にあわてて飲む必要がなくなりました。


また、体内に入ってから約48時間で、水素飽和濃度まで水素が発生するので、

抗酸化作用もそれだけ持続するということに!

 

さらに、スティック状の容器なので、持ち運びが簡単!

外出先でも、サッと取り出し、水に溶かしたり、コーヒーに入れたりと

これまでの水素摂取に比べて格段にラクになりました。

 

もちろん凍らせてもいいし、温めても料理に入れてもOKと、

まるで調味料のように水素パウダーを日常使いできるようになったのです。

 

岐阜が生んだ名門奥長良川名水のあらたなチャレンジで、

健康に美容に、アンチエイジングにと、

これからも女性のためのイノベーションが期待できそうです。
 

 

 

発売前の半額キャンペーン!

 

このハイドロエッグ水素パウダーの発売開始は8月20日。

先行予約で50%OFFのお得なキャンペーン実施中です。
 

https://www.okunagaragawa.jp/SHOP/83.html

 

 

【インスタマルシェTOKYO「奥長良川名水いいね!賞」】

河原梨香さん

(画像とテキストでハイドロエッグをきちんと解説していながら、

説明的にならない優秀アレンジ)

奥長良川名水いいね!賞.jpg

DF⑮.jpg

 

 

 

もうひとつの顔をデザインに

 

表が無地、裏がチェックなどの両使いできる生地をダブルフェースと呼びますが、

そんな表と裏の二面性を表現した服・・・

それが、このダブルフェースの名前の由来なのだそうです。

それは、また、いくつもの異なる顔を持った

ちょっとミステリアスな女性のイメージに重ねてみることもでき、

そこに、このブランドの目指す女性像がおのずと浮かび上がってくるような気がします。

 

そんなブランド誕生のストーリーを知ると、

「トラッドから半歩ずらした上質な日常着」というデザインコンセプトが

素直に腑に落ちてくるというもの。

 

肩山がきっちりとあるマニッシュなジャケット、

インにあわせるフェミニンなブラウス、

そしてボトムはカジュアル感のあるボリュームパンツやワイドパンツ。

そんなテイストミックスな組み合せは、

まさに多面的要素を内包したコーディネート。

組み合わせ方できちんとした雰囲気も出せるし、

カジュアルにも遊ぶことができるという、

ある意味実用性のあるコレクションと言えそうです。

 

大人のきれいめカジュアルを実現

 

また、デニムのワイドパンツなど、

大人の女性にはハードルが高いカジュアル感の強いアイテムも、

トラッドやフェミニンの要素を持つものともコーディネートしやすくデザインしているので、

全体の印象がカジュアルに転びすぎないのがポイント。

まさに、大人のためのきれいめカジュアルがダブルフェースなのです。

 

生地へのこだわりから

プリント柄に至るまですべての生地がオリジナル。

さらに、仕立てのいい日本製にこだわるところも

ダブルフェースの大きな特徴と言えそうです。

 

トレンド感のあるフォルムやディテールを散りばめつつ、

いくつものイメージや時代をクロスさせたダブルフェースの服。

経験をつんだ大人の女性が身に着けると、

その多面性がよりクローズアップされるのではないでしょうか。

 

着る人によって表情を変える服、

そして、着る服によって表情が変わる女性(ひと)。

そんな服と着る人がお互い影響しあったところに生まれるのが

オリジナリティの光る着こなしと言えそうですね。

 

 

※ダブルフェースの服は

「ユナイテッドアローズ」「NOLLEY'S」などで購入できますので、

きちんと試着してお気に入りの1着を探してみましょう。

今秋には、女性誌でのタイアップも企画進行中!

 

【ダブルフェース2018AWコレクションから】

 

テーマは「Neo Classical」

80年代調のレトロクラシカルなファッションに

「British」な要素を加えてモダンな仕上りに。

 

DF①.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロ感のあるプリントスカートと

モダンな切り替えコートの組み合わせで

二面性を強調したスタイリング。

 

DF追加.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サスペンダー使いのワイドパンツに

フェミニンなブラウスとノーカラーコートで

今年らしさを出した組み合わせ。

 

 

DF⑩.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロなビッグチェックのコートと

スカートの赤の鮮やかさが印象的。

インにはドット柄を入れて、

微妙なハズし感覚をプラスして。

 

DF19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いダッフルコートをパープルのテーパードパンツにあわせた

きれいめトラッド。

ベーシックアイテムを色で魅せるコーディネート。

 

 

(モデル:堤絵里子・家住雪絵)

 

 

【インスタマルシェTOKYO「ダブルフェースいいね!賞」】

堤絵里子さん

(ガンクラブチェックのジャケットをさりげなくはおった姿が好評。

ダブルフェースの服をよく理解して着こなしていますね)

DFいいね!.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルフェース

www.doubleface.co.jp

お問い合わせ先:03-3485-2061

1