検索結果

タグ「京のおしろい落とし」が付けられているもの

ご近所づきあいから生まれた誕生秘話

 

「京のおしろい落とし」を開発した

ファイテン株式会社の本社は、

京都の花街にほど近い四条通りにあります。

舞妓さんの姿を日常的に目にする

京都とという土地柄が、実は

この「京のおしろい落とし」誕生のきっかけになっているのです。

 

舞妓さん芸妓さんといえば、デコルテから顔までの白化粧。

いくら若いといっても、お肌の酷使はたいへんなもの。

お肌の状態は想像がつくというものです。

 

そんな職業的お肌の悩みを知ったのは、

一人の芸妓さんの存在です。

プロが使う特別な「おしろい」を落とすには、

毎日のように強いクレンジングを使わなくてはならない、

そのため並々ならぬ肌荒れが・・・。

それを聞きつけ、

京都という土地に本社を置くファイテンならではの基礎化粧品を

京都の代名詞的存在である舞妓さん芸妓さんのために開発しよう、

それが「京のおしろい落とし」のはじまりだったのです。

 

ふく恵さんという芸妓さんとの出会いから開発までの深いい話は

こちらをご覧ください。

http://www.kyono-oshiroiotoshi.com/concept/

 

 

世界で唯一のピンクの純金水を使用した化粧品

 

ファイテンといえば、磁気ネックレスで一斉を風靡した健康メーカーですが、

水溶化メタル技術を使って

純金はじめ、プラチナやパラジウムなど高価な新素材を

ナノレベルに分解した化粧品開発でも世界的な存在です。

 

純金、プラチナ、パラジウムなどは重金属と呼ばれますが、

安定性が高いので、酸化されないのが特徴なのだそう。

ゆえに、これらが配合されている化粧品は

抗酸化力がとても優れているのだそうです。

 

「京のおしろい落とし」はそんなファイテンの技術を

駆使してつくられたお肌に優しい基礎化粧品シリーズです。

高価な素材を使用しているので、全体の価格をおさえるため、

容器の舞妓さんの線描画は社内で企画したものだとか。

シンプルで京都らしいシルエットが好評で、

今では「京のおしろい落とし」のイメージとして一人歩きしはじめ、

京都が海外に誇る製品として成長しています。

 

 

新商品も続々登場!

 

京のおしろい落としクレンジング.png

京おし洗顔.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京おしローション.jpg

京おし乳液.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京おし全身.jpg

京おし肌ジェル.jpg

 

 

 

 

 

 

「京のおしろい落とし」

http://www.kyono-oshiroiotoshi.com/product/

 

 

 

 

 

【インスタマルシェTOKYO「ファイテンいいね!賞」】

牛川亜夢さん

フォロワー5万人の実力

あむファイテン.jpg

 

 

京都の芸妓・舞妓さんのために開発された化粧品ライン・・・

ファイテン「京のおしろい」シリーズ。

 

京のおしろい落とし乳液.jpg

毎日の厚塗りのお化粧を、きれいにお肌を保湿しながら完璧に落としてくれる化粧品として、

クレンジングや洗顔料を中心に、今、京都の舞妓さんの間で人気急上昇中です。

 

その「京のおしろい落とし」のラインに、

このたび、キュートなピンク色の乳液が加わりました。

ファイテンならではの、アクアゴールド、アクアプラチナ、アクアパラジウムなどの技術を使って、

コロイド性金やコロイド性白金を乳液に加えた画期的な乳液です。

 

とろりとしたテクスチャーも使いやすく、

スーッと肌に馴染んでいくのがわかります。

 

3,500円というリーズナブルなお値段なので、

たっぷり使えるのもうれしいですね。

 

なにより、桃の花を思い浮かべる“ほんのりピンク”が、女子力UPな気持ちに。

商品コンセプトでもある「和」の雅な雰囲気も楽しむことができます。

 

お求めは、「京のおしろい落とし」オンラインで
http://www.kyono-oshiroiotoshi.com/

「ファイテン」といえば、今や全国にフランチャイズチェーンを持つ、日本人の健康をサポートする企業の中心的存在。

契約するアスリートには、フィギア界のプリンス・羽生結弦、阪神のアニキ監督・金本知憲、そして、世界ランキング7位(11月15日時点)のゴルファー・松山英樹さんはじめ、各スポーツ界を代表する顔がズラリと並びます。

そのファイテンを昭和58年に設立し、一代でここまで築き上げた平田好宏社長の立身出世伝、そして、その成功の鍵となった平田社長の「物事へのアプローチの仕方」「人生の心構え」などについて、お話を伺いました。

サブタイトルに「がんばる女性起業家のための」としているのは、今回パーリィテラスのメンバーのための特別講義ゆえ。

平田社長がパーリィテラスに個人事業主が多いことから、事業のヒントになれば、とのお計らいからこのセミナーが実現したのです。

 

1953年生まれ、今年63歳の平田社長は、実際にお会いするとエネルギッシュな実業家というよりは、お人柄の良さがあふれる先生、という感じの方。

工場を営んでいた生家を継がず、料理店経営の道を進まれていたときに、重篤な難病に。

そこから平田社長の「健康第一」の精神が生まれるのです。

整体をしているときに得たヒントから、その後ファイテンの基礎となる「水溶化メタル」技術を開発するまでのストーリーは、まさにジャパニーズドリーム!

着眼点のよさや行動力など、サクセスの裏にさまざまな要因があることが、よくわかりました。

ところが、平田社長がおっしゃるには、一にも二にもビジネスは「いい気分を保つこと」が大切なのだそう。

成功するために必要なものは感情か理論か、と言われれば、感情をとるべきだとも。

とかく論理性のない右脳派が多いといわれる女子にとっては嬉しいお言葉ですが、これは言いかえれば、いかに成功を引き寄せるのは良好な人間関係かということ。

人間いつもいい気分でいられるわけではない。だから、気分のコントロールができるようになることが大切なのだそうです。

 

1時間という短い時間でしたが、平田社長の成功への心得、強くやさしく心に響きました。

セミナーの後は、幸運をあやかりたい起業女子たちとの和やかな撮影タイム。

全員が「いい気分」でいることの大切さを実感した1日でした。

 

平田社長セミナー.jpg

 

(平田社長を囲んで)

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3065.JPG

 

 

(面白いお話ぶりに気取らないお人柄が垣間見える)

 

 

 

 

 

 

IMG_3070.JPG

 

 

 

 

 

IMG_3071.JPG (自発的に「京のおしろい落とし」PRチームが。これぞ、「いい気分」が生むビジネス効果!!)

 

 

平田社長&浅井さん.jpg (ウォーキングポージングスタイリストの浅井香葉子さんも平田社長の大ファン。ご自身の闘病生活のときも、平田社長のご著書を読んで勇気づけられたのだそう)

 

リオ五輪の閉会式で、そのクールさを世界に見せつけたわが国ニッポン。

伝統とサブカルが絶妙にミックスされた現代ニッポンを、スピード感ある映像であますことなく表現していましたね。

海外からも「最後の数分でRIOは完全にTOKYOにもっていかれた」と興奮の声が多々寄せらたようです。

2千年あまりの時の果てに、世界でも特異な存在として輝く現代日本のカルチャー。

それを共有する愉しみを、同時代に生きる特典として存分に味わっていきたいものですね。

 

そんな和の文化を見直すムーブメントが高まっている今、その和の中心ともいえる地・京都から、いかにも日本らしいお化粧品が誕生しました。

その名も、「京のおしろい落とし」。

開発したのは、アスリートたちが愛用している磁気チタンネックレスで有名な、あのファイテン。

舞妓さんの赤い線描画が、シンプルな白いボトルにくっきり。

なんと、ボトルは既製品、舞妓さんの図は、社内で制作したものなのだそう。

すべては、価格をおさえるために、美容に直接関係ないところでは、極力経費を削るという開発ポリシーから。

 

その代わり、こだわっているのは、その中身です。

もともとファイテンはメタルのエキスパート。そのテクノロジーから生まれたのが、「アクアメタル水」なるものなのです。

白金(プラチナ)、金、パラジウムがたっぷり含まれていて、手の平にとるとロゼのワインほどの赤い色。

その赤さこそ、高価なメタルがたっぷり入っている証なんですね。

でも、いったいメタルって、お肌にどう作用するのでしょう。

コラーゲンやヒアルロン酸がお肌にいいことは知っていても、メタルの美肌効果は知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

 

まずは、白金(アクアプラチナ)について。

アクアプラチナとは、ファイテンの水溶化メタル技術で、プラチナをナノ化したものを水溶化したものを指しますが、そもそもプラチナにはどんな効果があるのかというと・・・。

一口にいえば、活性酸素の除去にものすごい威力があるのだそうです。

これまで“コエンザイムQ10”などが除去すると言われてきましたが、それは活性酸素のごく一部。

ところが、アクアプラチナは11種類ある活性酸素のすべてを、しかも半永久的に除去してくれるのだそうです。

 

そして、次に、金。

これも同じくファイテンの技術で、ゴールドをナノレベルにして水に溶かしたものですが、こちらの効果はというと、なんと金は永遠にマイナスイオンを発するミネラルなのだそう。

だから、当然、お肌の活性化が進み、新陳代謝がよくなるので、シワがなくなったり、リフトアップの効果が見られるようなるのです。

 

そして、3つ目のパラジウムはプラチナの抗酸化作用を持続させる効果を発揮するのだそうです。

 

クレオパトラの時代から、美容効果が謳われてきた金。

そのパワーをナノ化というテクノロジーを使って化粧品にしたのが、この「京のおしろい落とし」なのです。

 

誕生秘話もいかにも京都らしく、お化粧で肌を酷使している芸妓さんのために開発されたものなのだそう。

京都の中心・四条にあるファイテンならではのエピソードですね。

HPからもそのはんなりとした風情がうかがわれます。

http://www.kyono-oshiroiotoshi.com/concept/

 

くれンジング.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芸妓さんのお化粧もひと拭きで!

 

 

 

 

化粧水.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

泡で落とすさっぱり洗顔!

 

 

 

 

京化粧水.jpg

 

 

 

 

 

 

美肌成分がたっぷり入ったアクアメタル水!

 

 

 

 

 

 

パーリィテラスのメンバーたちも、さっそく使い始めています。

ふぁいてん③.jpg

ふぁいてん②.jpg

 

1