検索結果

タグ「ダイエット」が付けられているもの

「水の効能を使ってダイエット!」

こんにちは。アクアセラピストの菅原志保子です。
 
日差しが眩しい季節になり、日焼け止めが必要になりました。
私は東北の寒い地方の出身ですが、寒いのは苦手。
やはりこの季節が一番過ごしやすくて、毎日がワクワクします。
 
いよいよコートやジャケットも脱いで、
薄手のファッションになりますが、気になるのがスタイル・・・
今年こそ真剣にダイエットを始めよう!と思いきや、
三日坊主で終わってしまう。そんな経験の方いらしゃいませんか?
今回は「お水健康ダイエット法」をご紹介致します。
 
最近、ドイツで開催した国際肥満学会で、
ドイツ栄養研究所のM.ボッシュマン博士は、
「毎日0.5リットルの水を飲むだけでも確実に減量できる」と科学的に証明しています。
 
「水を飲んだら太る」と、思っているなら、
それは大変な誤解なのです。
 
ボッシュマン博士の報告によると、
毎日1.5リットルの水を飲むと、
1年間で1万7400kcalのエネルギーが消費される計算となるそうです。
これは、脂肪組織約4.2kgのエネルギー量に相当します。
 
また37度の温水よりも22度の冷水のほうが、
より強くカロリー消費を促すということも判明しました。
カロリー消費量増加分の約40%が、
冷水の温度を体温までに高めるのに用いられるからです。
 
つまり、ダイエットしたいなら冷水をいっぱい飲むといい、ということになりますね。
 
男女を比べると、女性のほうがむくみやすいのは、
女性の体質によるもの。
女性の体は、水分をたくわえにくくできていて、
水分不足になりやすいのです。
これがむくみやすい原因のようです。
 
同様に、
一見太っている人ほど水分をたくわえて見えますが、
実はそうではなく、
太って体脂肪の多い人ほど水分量が足りていません。
 
肥満の人の体は、
水分量が50%程度だったのに対し、
筋肉質でスリムな人の体は、
水分量が65%にもなったとのことです。
 
水を摂取する適量は1日、1.5リットル~3リットルまで。
その範囲内で体調や体質によって加減しながら、
できるだけ多くの水を飲むことがダイエットにつながります。
 
また、カルシウム水やバナジウムなどを含む水が
ダイエットに効果があることはよく知られていますが、
これは、
カルシウには「血管を柔らかくして血流を良くする効果」が、
バナジウムには、「デトックス効果、脂肪燃焼、たるみや、むくみの解消」の効能があるからなのです。
 
水と一口に言っても、その中に含まれている成分は微妙に違います。
コップ1杯だけならその違いは小さなものですが、
毎日飲み続けたときに、その微量な違いは、
人間の体に大きな影響を与えるようになります。
 
日々摂取するものだからこそ、
カルシウム、バナジウムの他、水素、シリカ、カリウム、マグネシウムなど、
天然のミネラルがバランスよく含まれている水を摂るようにしたいものですね。
 
毎日の水分補給で無理なくダイエットを成功させてみましょう。

第四回「テーブルコーディネートでダイエット」

 

皆様、こんにちは。パーリィテラス金曜コラム担当のフラワー&テーブルコーディネーターの桃井智世帆です。
先週は、見た目が「おいしさ」に深い関係があることをある実験結果を交えてお話しました。今週は、見た目からくるおいしいという感覚がダイエットにもいいのではないかという私の主観を交えたお話です。


こんなことがありました。

ある日の昼時、忙しかったせいで、冷蔵庫などの残り物を温めて掻き込んで食べたことがありました。その日は満足感がなくて、外出先でスィーツに手が伸びてしまいました。

 

パスタランチ6月.jpg

今日は画像のようなお一人様ランチタイム。以前アーティフィシャルフラワーで制作したグリーンと白のフラワーをテーブルに置き、最近お気に入りのプレートをシルバーのプレイスプレートに重ね、グラスにはレモンを浮かべた炭酸水。でも、パスタソースは実は残り物で、パスタを茹でただけの簡単メニュー。彩りにベランダ菜園のバジルを摘んでトッピングしました。
手間は、これだけ。お気に入りの曲をかけながらお一人様ランチタイム。ダイエット用にパスタは少な目ですが、精神的満足感があってお腹一杯になります。

皆さんは、日常でお食事をなさる時にお気に入りの器やお箸、カトラリーなどに拘っていらっしゃいますか?
お気に入りのものでも飽きてきたら、普段はしまい込んでいる取って置きの器類に変えてみるというのも新鮮な気持ちになれますよ。ダイエットにはお気に入りの器が引き立つように盛付けは少な目。(笑)
見た目の満足感がダイエットに役立つのではという桃井なりの見解でした。

 

momoi.jpg

【桃井智世帆】

和モダン系デザイナーズ協会代表。フラワー&テーブルコーディネーター。TALK食空間コーディネーター2級資格。
東京ドーム「テーブルウェアフェスティバル2012」審査員賞。「同2015」佳作賞受賞。ーブルコーディネーター。

「フラワーデザインは27年から始め、23年前に講師資格を取得しました。テーブルコーディネートでは、2012年から2015年にかけて東京ドームテーブルウェアフェスティバルで数々の賞を受賞し、生徒様も受賞しました。
幼い頃からお花と温かい家庭を感じるおままごと遊びが好きでした。その好きなことで皆様に幸せになって頂きたいという思いと、出産で生死をさまよった経験などから、「人生は一度きり」と、仕事に取り組んでいます。
昨年から世界初の文字フラワーという、アーティフィシャルフラワーで漢字の幸や愛といった字を作ってさり気なくブーケやアレンジメントに入れることを始めました。ハッピーなどの英語のスペルも入れています。見る人が笑顔になる「文字フラワー」では講師資格取得コースも開催し、皆様に幸せを届けることが私の使命に活動しています」

 

 

1