潤い美人のウォーターレシピ 「質の高い水でミネラルを摂取!」

HEALTH 
文字サイズ

アクアセラピストの菅原志保子です。

 

秋も一段と深まり、日だまりが恋しい季節になりました。

お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

菅原11-10-2.jpg

さて、今回は、天然のミネラルウォーターの中に入っていると言われる、今話題の「シリカ水」「バナジウム水」「水素水」についてお話致します。

 

「シリカ」(二酸化珪素)・・・美しさを保つ大事な栄養素

 

シリカは人の骨、間接、血管、皮膚、毛髪、爪の健康のために必要不可欠な栄養素で、骨やたんぱく質の一種、コラーゲンの生成を補助するミネラルです。

年齢を重ねるごとに体内の珪素は少なくなり、不足してくるとからだの柔軟性が弱って運動機能の低下を招きます。年齢とともに骨折しやすくなったり、皮膚の弾力がなくなったり、乾燥肌やシミやシワができてくるのは、このシリカの不足が大きく関係しているのです。

このように、シリカは体内でのコラーゲン生成には欠かせない成分で、美しさを保つために積極的に摂取したいミネラルなのです。

成人ひとりあたりのシリカの消耗量は、1日10~40mgといわれてますが、植物から摂取することがなかなか難しく、シリカが含まれるお水や、玄米、ひじきなど珪素が含まれる食品を積極的に摂取してことが大切です。

 

「バナジウム」・・・・・現代病に有効なお水

 

バナジウムは、血糖値を下げたり、コレステロール値を下げる効果があり、糖尿病などの成人病の抑制や治療に有効であるといわれているミネラルです。

血圧、尿酸値や中性脂肪の値も低下させるため、高血圧症や通風にも効果があり、老廃物や有害な毒素を排出するのでデトックスにも効き目があります。

また、脂肪の燃焼を促すためダイエット効果もあり、バナジウムの入ったローションは引き締め効果から小顔ローションとしても人気があります。

 

 

「水素水」・・・・・還元力、抗酸化力に優れているお水

 

驚異的なアンチエイジング効果で、美容業界から医療現場まで今注目の素材です。

07年、O教授研究グループの論文が米国の医学雑誌「Nature Medicine」に掲載されたことがきっかけで、その医学的効果が知られるように。

糖尿病予備軍とも言われる耐糖能異常では血糖値の改善が、またガンの放射線治療の副作用である痛みの軽減や関節リウマチによる炎症の軽減にも、驚くような効果が報告されているそうです。

また、水素クリームを塗り続けるとシミが消えたり、肌のくすみにも効果があるので美容界でも注目されています。その一方で、「水素が無色透明、無味無臭であるのをいいことに、本物のフリをして偽物がでまわっている!」という報告も。

各企業の販売している水素水をある医療研究機関で一斉に計測した結果、「本物」と「偽物」が混在していることが明らかになったそうです。水素水は時間経過と共にすぐに普通の水に戻ってしまうので、保存が難しいと言われています。その中でも、アルミパウチに封入されたものは水素が比較的抜けにくいという実験結果が出ているようです。水素水を購入するときはよく吟味してくださいね。

 

 

このように、質の高い水を飲むことは、美と健康に深くかかわっているということ、おわかりいただけましたか。

 

たかが水、されど水・・・毎日体内に摂取するものだからこそ、飲む人の体調や外見を変えていく力があるのです。

 

 

季節の変り目は、体調を壊しやすいので、いいお水を飲んで体調を整えましょう!

  • 前のコラム
  • 次のコラム

Author- 菅原志保子

菅原志保子
株式会社アースアンドウォーター SP事業プロジェクトリーダーとして勤務。

「アンチエイジング」を追求した[水」と出合い、現在「Smart Life Project」健康寿命を延ばそう!をスローガンに厚労省が開始した施策展開に参加。

商標登録取得済の「アンチエイジングウォーターPro®」により、加齢による生活習慣病を予防することを国内外へ展開。

みんなに広める