12月の花便り

CULTURE  WORKS 
文字サイズ

misa.jpg

 

 

煌びやかな光りに抱かれた

 

秋に収穫したケイトウのリース

 

Keleos

 

炎を纏ったその花は

 

幾重もの襞に時を宿す

 

茎を捥がれても緋色の花に

 

やすらぎを憶えるのは何故・・・

 

静かな一人のクリスマスに

 

優しさがよみがえる

 

 

 

☆セラピーメモ

 

今月の花材  ドライのケイトウ

 

秋に摘んだケイトウの花をドライにしてつくりました。

 

 

ケイトウのリースは、モコモコとした形状が温かみと楽しさ、無邪気さ、ユーモラスな印象を感じさせてくれます。

レースのような花びらは可愛らしい印象です。

優しくなれるような大きな愛情、といった普遍的な感情を感じさせる花です。

 

 

もう一方では、少々妖艶な感じや、奥深い複雑な感情といった印象もあります。

経験を積んだ大人ならではの印象だと思うのですが、

そのような印象は、ケイトウの形状がそう感じさせるようです。

複雑なレースのような襞を持ち、ドラマティックな姿が

大胆で妖艶な女性を連想させるようです。

万葉集にも女性をケイトウの花にたとえて歌われた歌が残っています。

 

 

深紅の色にも、情熱・高揚・成熟・華やぎを感じさせる要素があります。

 

何故かクリスマスが近くなると、人は愛について語りたく、考えたく、確認したくなど・・・

愛がテーマになることが、少なくありません。

ケイトウのセラピーキーワードは愛です。どのような愛に感じるかは貴女の心理状態によります。

 

内面が前向きに動いているときは、違和感なく好感を持って見ることが出来るのですが

逆に、内面に問題を抱えている心理状態では、いい印象として捉えられない事が多いようです。

  • 前のコラム
  • 次のコラム

Author- 河島美佐子

河島美佐子
フラワーライフセラピストとして色彩心理・造形心理を活用したフラワーアレンジメント講座等の他、花育士として児童・親子・シニア世代に

五感を使う遊びの講座を開講。

花が持つセラピー効果・ヒーリング効果を活用しながら「お花で美女子」をテーマに、「あなたらしさを育てるフラワーライフ」を提案。

関連キーワード

関連キーワードはありません。

みんなに広める